すすきのにパイプ煙草に挑戦できるバーがある!




みなさん、パイプ煙草ってご存知でしょうか?

そう、シャーロックホームズがくわえているアレですね。

パイプ煙草、一度吸ってみたいと思いませんか?
なんとすすきのに誰でもパイプ煙草を吸えるバーがある!

カフェ?バー?その名も「ひいじいcafe」

地下鉄すすきの駅のほど近く、中華まん屋さんやラーメン屋「けやき」のある通りから路地裏に入ると……

↑「札幌煙管ひいじいcafe」の看板が。
ドアを開けると、赤と黒を基調としたお洒落な店内には気さくで話好きのマスターがお出迎え。

「煙草喫みの楽園を作りたかったんです」と語るマスターの言葉通り、カウンターの左には手巻き煙草とパイプがずらり。

この煙草はテーブルチャージに含まれているため、どれでも喫っていいんです。

 

↑チャームのナッツと手巻きタバコ

パイプ煙草に挑戦!

パイプ煙草を試してみたい、というと、吸ってみるパイプを選ぶことに。

「まずは見た目が好みのパイプを選べばいいんです。パイプ選びもパイプ喫煙の楽しみの一つですね」とマスター。

パイプを選ぶと、慣れた手付きで、丁寧に解説しながらパイプに葉を詰めてくれます。なんだかすぐに真似できそうに思えてきますね。

マスターに火をつけてもらい、まず一口喫ってみます……あれ、タバコってこんな味?ふわっとした甘みと心地よい香りが鼻をくすぐります。

「ふかしながら、煙を味わって喫うんです。面白いでしょ?」

手巻きタバコにも挑戦!

「自分でタバコを巻いてみませんか?」

マスターが出してくれたのは手巻き用のタバコ葉(シャグ)、巻紙、フィルターと手巻き用ローラー。ローラーを使えば、誰でも簡単、綺麗に手巻きタバコを作れるのだそう。

「手巻きタバコは経済的なんです。実はこれで1本15円くらい。それに、巻紙の燃焼材が普通のタバコより少ないので、服につく嫌な臭いも残りづらいんです。

紙巻で売られているタバコに比べてフレーバーの種類もずっと多いので、好みの味を探す楽しみもありますね。」

酒屋のマスターはもちろんお酒にも本気!

バックバーにはたくさんのウイスキーが。なんとすべてのボトルに値段表示があります。バーで値段が書いてあるのは珍しいですよね?

 

「自分が初めてバーに行ったときに、値段がわからなくてビクビクしながら飲んだのを覚えてるんです(笑)。だから、お客様には安心して飲んでもらいたくて、うちでは値札をつけてるんです。」

実はマスター、すすきのの酒屋さんで働いているんです。今ではなかなか手に入らないお酒が置いてあることも……!

しかも、置いてあるお酒は全部「マスターが美味しいと思ったお酒」。好みや普段飲むお酒を伝えると、おススメのお酒を出してくれます。

〆のコーヒーも!

ひいじいcafeでは、カフェの名の通り自家焙煎のコーヒーも飲めるんです。

すすきのの飲みの〆に、朝5時まで営業しているこのお店にコーヒー目当てでやってくるお客さんもしばしばだとか。

静かなお店でマスターの面白い話を聞きながら、パイプを喫って、コーヒーを
飲む……完璧すぎる〆かもしれませんね!

まさに「オトナのお店」なひいじいcafeでパイプ体験、皆さまもぜひ一度いか
がでしょうか!?

今回紹介したお店
札幌煙管ひいじいcafe
札幌市中央区南6条西3 有馬ビル1F
Twitter
Facebook

profile

name: D4ちゃん!(twitter)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です